いち押し!!?北海道新聞社 通販ならおまかせ |

とても参考になっていますよ。地元の安心素材を利用しお金はかけず手間を惜しまずという調理師の方の言葉通りの内容でした。まだ2つ位しか作る気になれてません。

こちらです!

2017年01月25日 ランキング上位商品↑

北海道新聞社おうちで給食ごはん [ 北海道新聞社 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

我が家の家族も大満足レシピがイッパイでした。。どれも参考になりそうでした。給食イメージを払拭する内容でした。これなら家にある「和食の基礎」的なレシピ本とそう変わらないかな。所詮、給食なんですね。とても良い天然のだしを使っていて薄味で充分美味しいものでした。ひじきの混ぜご飯は主人も子供も美味しい!と喜んでくれました。レビューではかなり良かったのですが、実際、本を開けてみるとあーこんなもんか・・・と思いました。子供達は幸せですね。これだったら!給食というより簡単な和食の本って感じでしたね。本自体はとても良い本だと思います。1つ残念なのは!カレーを作りたくて本を買ったのに!レシピはルゥと豚カレーに分かれていて!ルゥの分量は給食量の120人前!!(豚カレーを含め他のレシピは家族サイズに調整あり)香辛料が微量(5g)なものもあるのであえて家族サイズに調整されていませんでした。レシピがやや薄味だなと思っていましたが!講演会で直接話を聞き!具無し味噌汁を試食して納得しました。作ろうと思い立つまでに悩みそう!!!。食を大切にする思いにも共感し!子供に受け継ぎたい料理の様な気がします。ひじきごはんが家族に好評でした。レビューから期待して購入しましたが麺類が多かったのが残念でした。園の給食は残さず食べるのに!お家のご飯は好き嫌いがけっこうある息子のために買いました。期待しすぎていたのか、いまいちでした。カレーはさまざまなスパイスを用意する必要があり!まだチャレンジしていません。それがNHKの「プロフェショナルー仕事の流儀」に取り上げられる程のスーパー管理栄養士なのです。偏食のわが子のために、献立のヒントになればと購入しました。作ってみたくなるレシピが多く!お母さんの味という印象です。家族からの頼まれ物でしたので!私自身は評価できません。器も含めキチンとした食事風景をいうのが浮かぶ本で、昆布や鰹でひいた出汁、地元の野菜、お肉は部位も考慮されていて、素材の味を覚えながら育つと食べる前にソースやマヨネーズ、醤油をドボドボという習慣もつかないんだろうな...と思いました。配送までに少し待ちました。絶賛されているわりにそんなにすごい美味しそう!作りたい!!と思うようなものはありませんでした。残念。給食の本ですが家庭で普段のレシピ本として使用できます。作ってから数日寝かし、その後保存もできるようですが、半分でも60人前。小・中学生の給食レシピですが!子供用に味を変えず月に一度!カレーは辛いものとして提供しているそうです。作りたいと思うものもなくこの内容でこの値段は高すぎると思います。ネットでプレミアがついているとの事で!購入出来るか心配でしたが!無事手に入りました。テレビで放映されていたので購入してみました。野菜嫌いの子どもを相手にしているので「揚げごぼうのごま和え」などは食感が変わって思わず食べてしまう工夫が満載です。この本は十美さんの食に対するこだわりと作りやすいレシピが載っています。料理本と思って購入したらダメです。手作りカレーが大人にも好評という事で購入しました。子供さんに対する愛情が献立に滲み出ています。他も子供用に特化した味付けではなく丁寧に作った家庭料理という感じ。家族はよかったって言ってました。いくつか作ってみましたが野菜メニューはまったく食べてくれませんでした。北海道ローカルメニュー色でもあるかな。食育の観点も綴られていて単にレシピ本としてでなく食のあり方もお勉強できます調理の基礎的なことも丁寧に書かれているしレシピも写真がそそられるし作ってみたくなるものばかり最後のほうのページには給食カレンダーも掲載されていて家で作る時の献立の参考になります! 実はTVでやっていたことなど知らずおすすめ商品からみなさんのレビューを見て購入したのでどんな内容かはあんまり知らなかったのですが買ってよかったです旦那様がカレーが大好きなので冷蔵庫で3週間寝かせて作る本格手作りカレールーは是非挑戦してみたいなぁ!大量だけど!使う分以外は冷凍保存できるとのことですし>>また!書評とは別になるのですがほかの方が届かない!キャンセルになった!などレビューされていて我が家にも届くか心配でしたが無事届きましたちなみに1月19日注文(2月上旬着となってました)の!2月9日着でした本の最後をみたら2012年1月25日 初版第9刷発行となっていましたので刷りたてほやほやの本が届いたのねと思っていますうまく届かなかった方にもはやく届くと良いですね佐々木十美さんは北海道オホーツク地方置戸町の給食のおばさんです。給食ということで勝手に子供が好きそうなカラフルなイメージをしていましたが!全体的に茶系の昔ながらの和風なおかずのレシピでした。見た目ではないので・・・。レシピ数も思ったより少なかったです。すごく期待して買ったので残念です、立ち読みしてから買うべきでした。丁寧に、心をこめて、思考を凝らして作られた給食。学校給食とは思えないメニューがたくさん・・・。